TEL

別行動 | 滋賀県大津市松原町 はりま整骨院・マタニティ鍼灸院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 女性鍼灸師のひとりごと > 別行動

別行動

2013.06.04 | Category: 女性鍼灸師のひとりごと

はりまかよです。先日の日曜日、息子と旦那さんは

 6年生を応援するため、

滋賀県サッカー少年の聖地「ビックレイク」へ サッカー観戦に行ってましたが、

 

 

私は、同じ日、

 

「今日、歴史的瞬間を見ることが出来るかもしれない!」と、思うと

 

 居ても立っても居られず、

 

 

娘っこを連れて、西京極陸上競技場へ向かいました。

 

 

 

京都洛南高校のスーパー高校生

桐生選手が、

 

100メートル9秒台で走り抜ける瞬間に立ち会うことが出来るかもしれない!

 

 

京都選手権、男子100メートル決勝に間に合うように、

西京極陸上競技場へ向かいました。

 

 

競技場に到着した時は、もうすでにゴール付近の観客席は ほぼ、満席。

 

でも、奇跡的に、2席見つけることが出来て、娘っこと座りました。

 

ゴール近くは、報道カメラマンがいっぱい。

 

DSC_0594

 

男子100メートル決勝まで、あと、30分。

 

 

ですが、

娘っこが、もうすでに、この状態に飽きている様子。

 

 イヤイヤ的な予感をしていたのですが、

 

またまた、奇跡的に、娘っこは、昼寝をしてくれて、私は、ゆっくり観戦することができました。

 

 

 

桐生選手がスタートラインに登場し、

 

観客席は、大盛り上がり。

スタートの瞬間を待ちます。

 

 

ざわざわしていた、観客席が、シ~ンと静まり返り、すごい緊張感です。

 

ピストルが鳴り、

 

一斉にスタート。

 

桐生選手が、他の選手を ぐんぐん引き離し、ダントツの1位でゴールしました。

 

残念ながら、夢の9秒台を見ることは出来ませんでしたが、

 

トップレベルの100メートル走を、目の前で見ることができ、大満足です。

 

DSC_0596

 

充実感いっぱいで、

西京極陸上競技場を あとにし、

 

娘っこを抱えながら、駅に向かいました。

 

 

娘っこは、電車に乗った記憶しかないようで、

 

 

自宅に帰ると、

 

「今日、電車、6回も乗った~!」

 

と、旦那さんと、息子に自慢しておりました。